おでこ、ほうれい線、目元のシワに「科学の力」でアプローチ

しわに効果的な「サイエンスコスメ」口コミ人気ランキング

目元や口元にできる「ちりめんじわ」の原因とは!?対策方法はないの?

更新日:

【目の下にちりめんじわが起こる原因とは?】

目元ちりめんじわの原因は肌の乾燥です。

目元の皮膚は薄くて、水分を保持する力が弱くなりやすいことと外気にさらされることで更に乾燥を進めてしまい水分を奪ってしまうことで目元の乾燥がし、目元の細かいシワであるちりめんじわを作りやすくします。

肌表面の角質は乾燥すると薄く硬くなり、肌のツヤやハリ、弾力が失われます。

肌のツヤやハリ、弾力が失われた肌は表情の変化などによって癖がつきやすくちりめんじわが付きやすい状態になってしまいます。

それから「紫外線」もちりめんじわを引き起こしやすくする大きな原因として挙げられます。

紫外線が肌に当たることで肌の乾燥をさらに進めてしまいます。

それから「間違ったクレンジングや洗顔」もちりめんじわを引き起こす原因になります。

クレンジングや洗顔時にゴシゴシと擦ってしまったり、1日に何回も洗ってしまう場合が多い人はちりめんじわのリスクを高めます

よって、ちりめんじわを引き起こしてしまう原因の代表的な要因は、乾燥、紫外線、間違った洗顔やクレンジングにあると言えます。

【目の下のちりめんじわ対策には保湿が大切!】

保湿ちりめんじわの原因は肌の乾燥なので、肌の保湿を行うことがちりめんじわの改善に役立てます。

肌の水分量がアップするような保湿対策を取り入れることが必要です。

特に洗顔後時間が経つとどんどん顔の水分が蒸発してしまい、肌の内部も乾燥するので、洗顔後にすぐ保湿ケアを行うことがちりめんじわの改善につながります。

保湿ケアにおススメな成分として保湿力が高いプロテオグリカン、ナールスゲン、ヒアルロン酸、コラーゲン、ヒト型ヒアルロン酸を含んでいるものを選ぶと高い保湿効果を得ることができます。

特にエイジングケア効果の高い化粧品には保湿成分が高い成分の配合が多いので、エイジングケア化粧水や美容液、乳液でスキンケアを行うことで、水分が逃げないようにエイジングケア化粧品に含まれている油分が蓋の役割をして、水分を保持してくれます。

シアバターやスクラワンが配合された保湿クリームがおススメです。

粉が吹いてしまうレベルの極度な乾燥肌に悩まされている場合はオリーブオイル、アルガンオイルなどの美容オイル、ワセリンを乾燥が気になる場所に塗るのも保湿に効果的です。

【紫外線対策もちりめんじわ対策に効果的】

紫外線対策保湿ケアと併せて行いたいのが紫外線対策です。

日焼け止めやサングラス、帽子、日傘などで紫外線から肌を守ることで肌のダメージを防ぎ、ちりめんじわを引き起こすリスクを低くします。

また、紫外線を浴びた後はたっぷりの化粧水で肌に水分補給をしてあげます。

コラーゲンやエラスチンに働きかけるエイジングケア化粧水を使うことで、紫外線によって起こるちりめんじわが悪化させるのを食い止めます。

【日常生活におけるちりめんじわ予防対策】

納豆日頃の生活で質の良い睡眠、適度な運動、栄養バランスを考えた食事を取り入れることがちりめんじわの予防につながります。

たんぱく質、脂質、炭水化物をバランスよく摂り、ビタミンやミネラルを十分に摂取します。

納豆や味噌、漬物、酒粕などの発酵食品はちりめんじわの予防に効果的です。

ちりめんじわは身体の不調に反応するので、胃腸の調子を整えたり、便秘を防いだりといった健康維持を意識することも予防につなげます。

-しわの基礎知識

Copyright© しわに効果的な「サイエンスコスメ」口コミ人気ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.